時代と共に変わる命名

子供の名前は時代と共に変わってきますね。今の60代、70代であれば女性では子の付く名前が多く、男性では男や雄の付く名前が多いはずです。それ以前は戦時中で男は戦争に行く時代だったことから勝という名前や勝利という名前が好まれていたのです。では、最近の子供の名前はどうでしょうか。女の子では子の付く名前は珍しくなり、クラスで多くても2名、少ないと0名のこともあるのですね。男の子は、~男という名前はほとんどおらず、多種多様な名前が付けられているのですよ。

読みにくい名前は確かに多い

最近のこともの名前は読みにくい名前が多いと言われていますね。おそらくこの国始まって以来読みにくい名前が増えているのではないでしょうか。幼稚園のクラスの名簿を見てもなかなか読めそうもない名前が多いのです。クラスに半分ぐらいは読みにくい名前で、ひらがなを見ると納得するのですが、漢字だけだと、ある程度漢字の読みに自信がある人でも読みにくいと思うのではないでしょうか。これは、わが子には特別な名前を付けたいという親心からくるものですが、中にはそれが原因でいじめに遭うある子供も珍しくはないのです。

キラキラネームを付けた親は後悔することが多い

キラキラネームを付ける親もいます。無理やりな当て字を付ける親は100年以上前からいたようですが、あまりにもぶっ飛んでいるのでその名前を聞いただけでそれが人の名前だとわかる人も少ないのではないかと心配してしまうぐらいのものです。キラキラネームを付けた親はのちに後悔することも多いみたいですね。なぜならその場の雰囲気で決めた名前が多いからです。もちろんよく考えて名前を付けたという人もいるかもしれませんが、子どもも大きくなって迷惑していることもあるようですので、誰にために付ける名前なのかをよく考えることも大事ではないでしょうか。

人間は物と物とを区別するために無意識ではありますが便利な手段を用いています。それは命名です。これを使用することで人や物、土地など同じ種類でも区別することができて日常生活を過ごしやすくできます。