個性的な名前が増えている背景とは?

近年、日本のみならず、世界的に赤ちゃんに個性的な名前を付ける人が増えていますね。その背景としては、昔からある名前では新鮮味がなく、まるでお年寄りのようだし、枠にとらわれない命名によって愛情を子供に注ぎたいと考える親が増えていることがあります。もっとも、現在は古いとされる名前も、使われ始めた当初は珍しい名前として扱われていたのですから、個性的な名前が注目を集めるのは、時代が過渡期にあることのあらわれと言えるでしょう。

命名の手続き、具体的にはどうするの?

そんな赤ちゃんの命名ですが、日本では、赤ちゃんが生まれた後に、親が出生届という書類に住所・生年月日とともに名前を記入して市区町村役場に提出することで、戸籍に名前が登録されます。ここで気を付けたいのは、「戸籍には読み仮名が記載されない」ということです。たとえば浩という名前の場合、ヒロシと読むかコウと読むか、まったく違う読み方をするかは自由です。従来の発想にとらわれない名前が増えている理由の一つに、名前の漢字の読みが法律で制限されていないことが挙げられます。

それでも名前が決まらない!どうすればいい?

名前は親から赤ちゃんへの最初のプレゼントですから、じっくりと考えて贈ってあげたいものですが、「優しく、強く、頭がいい子に育ってほしい」という思いは親ならば誰もが持つものですから、これらの意味をすべて持つ名前を考えるのはなかなか大変です。そこで便利なのが、市販されている命名の本や、姓名判断という占いで決める方法です。本であれば、最新のトレンドがすぐにわかりますし、占いならば、漢字が持つ意味から適切な名前を選んでくれます。親だけではなく、いろいろな人が名付けを支えてくれることで、より多くの人々が赤ちゃんを見守ってくれることになりますね。ぜひ、素敵な名前を赤ちゃんにプレゼントしましょう。

子供に名前をつける場合には姓名判断などを利用すると使う漢字や画数などで運勢を調べることが可能になっています。