娯楽性の高い、多彩な演出

現在のパチンコ機は昔のパチンコ機と比べて、演出が多彩になっています。一昔前はドットが動くのみや液晶画面上だけで演出を行うものが多かったですが、最近は様変わりしています。例えば、液晶画面上での演出に加えて、役物と呼ばれる本体内に内蔵されているパーツが演出に合わせて多彩な動きをします。予期せぬ動きがあったり、迫力のある役物の動きがあったりと、大当たりを目的とするだけでなく、それらの演出、役物を一目見たいとの思いで、パチンコを行う人もいるくらいです。

何と言ってもパチンコの醍醐味は出玉

パチンコの醍醐味と言えるのが大量の出玉獲得です。この出玉は規制などによって変動する事がありますが、2015年現在では一度の大当たりで最大で2400発程度の出玉が獲得できる台が登場しています。この2400発は理論値なので多少の誤差はありますが、仮に4円等価換金のお店で換金した場合、この2400発一回だけでも約10000円程になります。もしこれが、いわゆる連荘などした際には10万円、20万円と言うのも決して夢ではない数字となります。もちろん、出玉性能が高ければ、それに伴って大当たりの確率もシビアになるので、お財布の中身と相談して台選びをしましょう。

疾走感がたまらない高継続率タイプ

パチンコの中には大きく分けて確変機とST機と呼ばれるものがあります。確変とは確率変動の略で大当たりに入る事で大当たりする確率が変わる台を指します。一方のST機と呼ばれる台は基本的に大当たりすべてが確立変動状態になるタイプで、確率変動する回転数が限定されており、その回数の間の内に当てなければならないという制約があります。いずれのタイプにも継続率というものがあり、何十%以上の確率で継続するという目安が作られています。はじめてパチンコをやられるという方などはこの継続率が高い台を選ぶと大当たりをたくさん味わうことが出来、疾走感を持って遊技を楽しむ事が出来るのでおススメですよ。

現在では、パチスロのアプリは非常に完成度が高い事が特徴です。実機と同じ挙動だけでなく、SEなども同じです。